MOMOYO

スピリチュアルコンサルタントMOMOYOさんの不思議なパワーが奇跡を起こす あなただけの「龍」とつながる方法から苦手なことをやめようを読んでみた


Pocket

スピリチュアルコンサルタントMOMOYOさん著者の「不思議なパワーが奇跡を起こす あなただけの「龍」とつながる方法」の本を読んで、「苦手なことをやめよう」について書かれています。


スポンサーリンク

苦手なことはやめようとしていますか。それとも苦手なこともやめずに続けていますか。「苦手なことをやめよう」とはどういうことなのか。スピリチュアルコンサルタントMOMOYOさんから学ばせていただきましょう。

視野を広げるために、転職活動したり、書籍を読んだりして、情報を得ていくようにして、自分の器も広げていけるように努力、精進していきたい

苦手なことをやめよう

 

苦手だなと感じてしまうことというのは、スピリットのキャラクターとは真逆であることが多いのです。マインドで生きていると、苦手でやりたくないことでも、やるべきだからという思い込みに縛られ、やってしまっていることが多いものです。嫌いなことや苦手なことをやらないようにしていくのは、マインドに逆らうことになるため、それによる不安や恐れが伴い、少し勇気が必要です。しかし、マイドンだけではなく、マインドとスピリットを統合させ、本当の自分を生きるためには、時には苦手なことをやめていくのも大切です。マインドの自分が、これは絶対にやるべきだと思ってやっている苦手なものでも、本当はスピリットが望んでいないことかもしれません。少し勇気を出してやめてみるとまた1つ新しくスピリットの感覚に出会えるかもしれません。

 

MOMOYO. 不思議なパワーが奇跡を起こす あなただけの「龍」とつながる方法. 大和出版, 2016, 189P

 

苦手なことだらけに囲まれています。本当は、営業事務の仕事をしたいとは思っていない自分がいます。学生時代は販売職でレジ打ちをしていましたが、流れ作業みたいな仕事がしたかったのですが、家族から、座り仕事の方が年取った後に楽だという言葉を信じて営業事務をしていますが・・・。


スポンサーリンク

 

実際は、専用のパソコンが目の前にあり、電話機があり、自分の指定された席に座り、お客様や営業社員、外注会社などの仕事の電話を待つ、仕事を処理するという席を離れたくても離れられない不自由な環境と感じています。レジ打ちも席を離れることはできませんが、ずっと仕事をしているというか流れ作業なので、特に頭を使うことがないので、スラスラ時間が経っていきます。営業事務は、忙しい時、暇な時の落差が激しいので、どうも、仕事に振り回されている感が多いです。上司も先輩も理不尽ですし・・・。

 

スピリチュアルコンサルタントMOMOYOさんは「マインドの自分が、これは絶対にやるべきだと思ってやっている苦手なものでも、本当はスピリットが望んでいないことかもしれません。少し勇気を出してやめてみるとまた1つ新しくスピリットの感覚に出会えるかもしれません。」と書かれています。たしかに、会社で働いていると、いつの間にか、現状維持のようになってしまっていて、その中で、勇気を出して、何かを巻き起こすようなことは、まったくしていません。無難に仕事しています。

 

もっと、視野を広げるために、本当にやりたいことだったり、適職を探すことも大切だと感じました。これからは、視野を広げるために、転職活動したり、書籍を読んだりして、情報を得ていくようにして、自分の器も広げていけるように努力、精進していきたいと思います。

まとめ

苦手だなと感じてしまうことというのは、スピリットのキャラクターとは真逆であることが多い。

 

マインドで生きていると、苦手でやりたくないことでも、やるべきだからという思い込みに縛られ、やってしまっていることが多い。

 

嫌いなことや苦手なことをやらないようにしていくのは、マインドに逆らうことになるため、それによる不安や恐れが伴い、少し勇気が必要。


スポンサーリンク

人気記事
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

カテゴリー