スピリチュアル

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんのいのちが危ない! スピリチュアル・カウンセラーからの提言から人生に苦しみはつきものを読んでみた


Pocket

スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さん著者の「いのちが危ない! スピリチュアル・カウンセラーからの提言」の本を読んで、「人生に苦しみはつきもの」であることについて書かれています。

スポンサーリンク

これは、誰しもが遭遇する避けられない内容だったので、感想と共に紹介させていただきます。

自分で自分をリセットしても肉体は滅び魂も救われない・・・

1 人生の霊的真理

 

◆人生に苦しみはつきもの

 

「死んでしまいたいくらい悲しい」
「いっそ命を絶ったほうがどんなに楽かと思う」
「人生はあまりにもつらすぎる」
あなたの今までの人生のなかで、このように思ったことはありますか。
今まさにそうした苦しみの淵に沈みながら、ふとこの本を手にとってくださった方もいるでしょう。
苦悩の日々のなかであなたは、「私はなんて後ろ向きな人間だろう」「困難に負けてしまうとは、私はどうしようもなく弱い人間だ」と落ち込んだりしていないでしょうか。
でも、そんな自分を責めすぎないでください。誰もが弱いのです。
苦しさのあまり「死にたい」とまで考えているあなたは、率直に言いましょう。
「人生に苦しみはつきものです。苦しみのない人生はまずありません。しかしそれを乗り越えてこそ、人は本当の幸せを得られるのです」------と。
それが人生の真実です。スピリチュアルな視点から言うと、私たちの人生は、さまざまな苦難に遭って葛藤し、そこから本当の幸せをつかむためにあるものです。ですから、あなたの「死にたいほどつらい」という思いも、本当の幸せをつかむ前に誰もが味わう、ごく自然な感情なのです。

 

引用元:江原 啓之. いのちが危ない! スピリチュアル・カウンセラーからの提言. 集英社, 2005, 256P

 

私も死にたいと思ったことは何度もありました。死んだ方が楽なんじゃないか・・・。と思い込んでいた時期もありました。

スポンサーリンク

 

しかし、自殺してしまったら、7代の子孫までよくない因縁が続くと教えられたことがありましたので、どんなに死にたくなっても自殺はしてはいけないと自分に言い聞かせてきています。また、自殺してしまうと魂が救われない、神様が授けてくださった肉体を無駄にしてしまう、神様に歯向かうことになってしまうなど、自殺は、絶対にダメだということ、魂が救われないことを教えられてきました。

 

魂を磨くために何度も時代を超えて六道を輪廻していることを教えられてきました。私はこの世、人間界自体に六道があるように感じてなりません。

 

地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上界と、様々な世界が地球上にありとあらゆる場所に点在しているように感じます。神様は乗り越えれない試練は与えないと聞いたことがあります。

 

どんなに、理不尽でどんなにあり得ないことであっても、必ず、道はあると・・・。乗り越えれない山はないと・・・。

 

正直、本当かどうか・・・。って理論、理屈で考えがちな性格なので、なかなか納得できないこともありますが、自分で自分の人生をリセットすること、すなわち自殺してしまうことは絶対にやめよう。今はそれだけです。

 

苦しみがなくなったら、どれだけ幸せかと感じますが、人間界で幸せを追い求めても意味がないと感じている自分自身もいます。人間界は魂の修行場だと感じるからです。人間も人間界に存在する森羅万象も永遠のものではないと、見るもの、感じるものを見たり聞いたりしているとひしひしと感じさせられます。

まとめ

自分を責めすぎない。誰もが弱い。

 

苦しさのあまり「死にたい」とまで考えているあなたは、率直に言う。

 

「人生に苦しみはつきもの。

 

苦しみのない人生はまずない。

 

それを乗り越えてこそ、人は本当の幸せを得られる」

 

スピリチュアルな視点から言うと、私たちの人生は、さまざまな苦難に遭って葛藤し、そこから本当の幸せをつかむためにあるもの。

 

「死にたいほどつらい」という思いも、本当の幸せをつかむ前に誰もが味わう、ごく自然な感情。

スポンサーリンク

アクセスランキング(過去7日間)
電話占い人気記事
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

自己紹介の詳細

最新記事
人気記事
カテゴリー