スピリチュアル

スピリチュアル心理カウンセラー日下由紀恵さんのもう凹まない 傷つかない こころが輝く 自浄力から運命の人はすぐぞばにいる!を読んでみた


Pocket

スピリチュアル心理カウンセラーの日下由紀恵さん著者の「もう凹まない 傷つかない こころが輝く 自浄力」の本を読んで、「運命の人はすぐぞばにいる!」であることについて書かれています。


スポンサーリンク

運命の人と出会うのはなかなか難しいですよね。そんな運命の人との出会う方法をスピリチュアル心理カウンセラー日下由紀恵さんから学ばせていただきましょう。

運命の人が目の前に現れていただけるためにも、心のガラクタに気づいて処理していきたい

運命の人はすぐぞばにいる!

 

★心の傷に気づいてあげると欲しいものが見えてくる

 

では、幼少期に受けた心の傷に気づき、傷を癒すためにはどうすればいいでしょうか?

それはとっても簡単。幼少期から独立するまでの間の、親やきょうだいとの関係を思い出すだけです。
「本当はもっとわがままを言いたかった」「もっと親に抱きしめてほしかった」
など、本当はどうしたかったのかをあぶり出すと、心のガラクタが出てきます。心のガラクタは「気づいてくれてありがとう」と笑顔で飛び出し、浄化されていくでしょう。

次に、余計なものがなくなった心が、本当に必要としているものは何かを考えましょう。
たとえば「運命の人に出会いたい」と思っているとすれば、その人に求めるものは、年収の高さなのか、それとも、穏やかな心の持ち主なのか、など。
その純粋なエネルギーは、同質のエネルギーを自然とひきつけるので、本当にあなたの思う「運命の人」が目の前に現れるでしょう。

 

引用元:日下由紀恵. もう凹まない 傷つかない こころが輝く 自浄力. 永岡書店, 2012, 224P


スポンサーリンク

 

運命の人・・・。心のガラクタを処理しないと、出会いたいと思っている運命の人に出会えないようですね。

 

今までお見合いのお話を何度かいただきましたが、すべて断ってきてしまいました。なぜか、気乗りしなかったからです。きっと心のガラクタが処理されていなかったから、心が拒否反応を示してしまったのだと今になって気づくことができました。

 

幼少期は父親の浮気が発覚したことで、心に大きな傷を負ってしまいました。父親の浮気が発覚する前から、何度も病気にかかってしまっていました。それは、ネガティブな感情のガラクタを無意識に受けていた、溜まっていたから、心身が家族の違和感に耐えられず、病気になってしまっていたのだと今になって振り返ります。

 

父親には本当は浮気はしてほしくなかった。家族がいつまでも笑顔で平和で過ごしたかった・・・。ただそれだけです。結婚話を拒否してしまうのは、幼少の頃に傷ついた心のガラクタをいつまでも処理せず、抱えているからだと感じました。

 

スピリチュアル心理カウンセラー日下由紀恵さんは「心のガラクタは「気づいてくれてありがとう」と笑顔で飛び出し、浄化されていくでしょう。」「その純粋なエネルギーは、同質のエネルギーを自然とひきつけるので、本当にあなたの思う「運命の人」が目の前に現れるでしょう。」と書かれています。運命の人が目の前に現れていただけるためにも、心のガラクタに気づいて処理していきたいと思います。

まとめ

本当はどうしたかったのかをあぶり出すと、心のガラクタが出てくる。

 

心のガラクタは「気づいてくれてありがとう」と笑顔で飛び出し、浄化されていく。

 

純粋なエネルギーは、同質のエネルギーを自然とひきつけるので、本当にあなたの思う「運命の人」が目の前に現れる。


スポンサーリンク

アクセスランキング(過去7日間)
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

自己紹介の詳細

最新記事
人気記事
カテゴリー