スピリチュアル

すごい! 神様研究会のお金が舞い込む! 願いが叶う! 「神社仏閣」で開運する方法から大掃除は究極のお清めを読んでみた


Pocket

すごい! 神様研究会さん著者の「お金が舞い込む! 願いが叶う! 「神社仏閣」で開運する方法」の本を読んで、「大掃除は究極のお清め」について書かれています。


スポンサーリンク

大掃除・・・。長い年月やっていないです(汗)幼少のころは、やったことがありますが、究極のお清めるになることはご存じでしたか?神様研究会さんから、大掃除は究極のお清めについて学ばせていただきましょう。

今年の終わりこそは、早く大掃除をして松飾りを飾って素敵な年を送りたい

大掃除は究極のお清め

 

年末の大掃除はいつ行えばいい?

 

お掃除は運気を上げる、もっとも手軽な方法です。大掃除は、新年に歳神様を家に迎え入れるための、究極のお清めといえます。
始める日にちは、神社で煤払いの行事が行われる12月13日がよいでしょう。それは翌年の幸運をいただける「歳神様」を迎えるための行事でもあった日だからです。江戸時代は、特に師走(12月)13日から歳神様をお迎えするための「物忌み」が始まるとされ、煤払いをしていました。
なお、大掃除は1日で終わらなくてもよいのですが、12月27日までに終わらせるとよいでしょう。
そして、大掃除を終えたあと、12月28日までに松飾りを飾るとよいでしょう。松飾りとは、歳神様を迎えるための目印になるものです。迷わずに降りてきていただくために家の門や玄関に飾ります。9のつく29日と、一夜飾りにならないよう31日に飾ることは避けましょう。

 

引用元:すごい! 神様研究会. お金が舞い込む! 願いが叶う! 「神社仏閣」で開運する方法. 宝島社, 2017, 173P


スポンサーリンク

 

大掃除一つにしてもそれぞれ意味があったのですね。私の家では12月30日とか31日のぎりぎりになってから、畳を引っぺがしたり、押し入れの物をだしまくったりして、いらないものを捨てていったり、ホコリを取る作業をしていました。私の家ではあまりにもぎりぎりだったのですね・・・(苦笑)

 

それにしても大掃除が運気を上げるもっとも手軽な方法とは知りませんでした。今年は、いろいろあって、大掃除がまったくできませんでした。きっと、歳神様のご縁はなかったのかも知れません。(悲)

 

すごい! 神様研究会さんは「大掃除を終えたあと、12月28日までに松飾りを飾るとよいでしょう。松飾りとは、歳神様を迎えるための目印になるものです。迷わずに降りてきていただくために家の門や玄関に飾ります。9のつく29日と、一夜飾りにならないよう31日に飾ることは避けましょう。」と書かれています。

 

12月28日までに大掃除を終わらせて松飾りをすることが重要なんですね。年末の大掃除の日付で来年の幸運が決まってしまうなら・・・。大掃除は早いに越したことはないですね。今年の終わりこそは、早く大掃除をして松飾りを飾って素敵な年を送りたいと思います。

まとめ

お掃除は運気を上げる、もっとも手軽な方法。

 

大掃除は、新年に歳神様を家に迎え入れるための、究極のお清め。

 

始める日にちは、神社で煤払いの行事が行われる12月13日がよい。

 

大掃除は1日で終わらなくてもよいが、12月27日までに終わらせるとよい。

 

大掃除を終えたあと、12月28日までに松飾りを飾るとよい。


スポンサーリンク

アクセスランキング(過去7日間)
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

自己紹介の詳細

最新記事
人気記事
カテゴリー