スピリチュアル

瀬戸内寂聴のあなただけじゃないんですから人が悩んでいることに「こうしろ、ああしろ」と言える立場は人には、ないんですよを読んでみた


Pocket

瀬戸内寂聴さん著者の「あなただけじゃないんです」の本を読んで、「人が悩んでいることに「こうしろ、ああしろ」と言える立場は人には、ないんですよ」について書かれています。


スポンサーリンク

なんだか心当たりがありすぎて、胸がズキズキしてきませんか。相談されるとついつい「こうしろ、ああしろ」と言ってしまっていませんか?言える立場ではないとはどういうことなのか・・・?瀬戸内寂聴さんから学ばせていただきましょう。

しっかりと愚痴を吐き出させるようにしっかり話を聞いてあげようと思います。

人が悩んでいることに「こうしろ、ああしろ」と言える立場は人には、ないんですよ

 

これは、あなたが親切にしたのに、相手があなたを裏切って、あなたの悪口を言いふらし、あなたの立場が悪くなっているっていうんですね。こういうことも、世の中にはよくあるんですよ。ただ積極的にアドバイスをしたという、この「積極的なアドバイス」というところが・・・・・・おそらく相手はそれほどのアドバイスを望んでいなかったんじゃないでしょうか。ついちょっと自分の愚痴を言ったら、あなたが本気になって積極的に「あぁしろ、こうしろ」と言ったのが、うるさくなった。これはあなたが、人の心を想像する(相手が本当は何を欲しているか、何を考えているか)力が弱いから、怒ったことです。相手はただちょっと愚痴を聞いてもらいたかっただけなんじゃないでしょうか。その気持ちが想像できなくて、あなたは親切に色々注意したり、意見を言ってあげた。しかし、人が悩んでいることに、「こうしろ、ああしろ」と言える立場というのはね、他人にはないんですよ。全部それは本人が考えることで、もし、相談を受けても、なるべく意見は言わないほうがいいんです。相手は答えを求めているんじゃないんですよ。ただ愚痴を聞いてもらいたいだけなんですよ。


スポンサーリンク

 

引用元:瀬戸内寂聴. あなただけじゃないんです. 自由国民社, 2017, 224P

 

ついつい、相談されると、「こうしろ、ああしろ」と言ってきました。私が相談者に「こうしろ、ああしろ」と言われている間、神妙な面持ちをしていても、最後にはお互いにスッキリしていない・・・。

 

なんか、お互いに違和感を感じてしまっているというか、変な温度差を感じることがよくあります。なぜ・・・、私は間違ったことを言ったわけじゃないって、ずっと思い込んでいましたが・・・。

 

ただ、相談者に説教していただけなんだなって気づかせていただきました。相談者は愚痴を聞いてほしいだけなんだなって気づかせていただくことができました。

 

瀬戸内寂聴さんは「人が悩んでいることに、「こうしろ、ああしろ」と言える立場というのはね、他人にはないんですよ。全部それは本人が考えることで、もし、相談を受けても、なるべく意見は言わないほうがいいんです。相手は答えを求めているんじゃないんですよ。ただ愚痴を聞いてもらいたいだけなんですよ。」と書かれています。今まで信頼して相談してくださった方々に申し訳ないことをしてきてしまったと深く反省させられました。

 

もう、愚痴の聞き役に徹することにいたします。もう、相談してきてくれた方々に、「こうしろ、ああしろ」と言わず、しっかりと愚痴を吐き出させるようにしっかり話を聞いてあげようと思います。

まとめ

人が悩んでいることに、「こうしろ、ああしろ」と言える立場というのはね、他人にはない。

 

全部それは本人が考えることで、もし、相談を受けても、なるべく意見は言わないほうがいい。

 

相手は答えを求めているんじゃない。ただ愚痴を聞いてもらいたいだけ。


スポンサーリンク

人気記事
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

カテゴリー