スピリチュアル

瀬戸内寂聴のあなただけじゃないんですから自分の身のほどを知り、身の丈に合った望みを抱く。そうすれば欲求不満にならないを読んでみた


Pocket

瀬戸内寂聴さん著者の「あなただけじゃないんです」の本を読んで、「自分の身のほどを知り、身の丈に合った望みを抱く。そうすれば欲求不満にならない」について書かれています。


スポンサーリンク

欲求不満になることは人間であれば、誰でも一度や二度は経験したことはあると思います。欲求不満から脱出したいと思いませんか。欲求不満を抑える、脱出する方法を瀬戸内寂聴さんから学ばせていただきましょう。

自分なりに質素でもいいから、自分のありのままで生きていきたい

自分の身のほどを知り、身の丈に合った望みを抱く。そうすれば欲求不満にならない

 

ですから、まず、自分を知ることですね。自分を知って、そして高望みをしないこと。自分が絶対手に入らないものを欲しがったら、苦しみますよね。お向かいのご主人がとても素敵で、何か見るからにいいわ、優しそう。それに比べて、うちの亭主はもう古びちゃったから嫌だわ、向いのご主人と仲良くなれないかしら、それは無理ですよね。自分にはちゃんと亭主があって、お向かいのご主人にもちゃんと奥さんがあるんですから、そんなことはね、とんでもない望みでしょ。しかしたまにはそんなことを思う。
そしてまた「ミンクのコートが欲しいわ」「ダイヤモンドを身につけたいわ」なんてね、思うかもしれません。しかし、自分の夫は普通のサラリーマンで、真面目なサラリーマンで、ちゃんと働いてくれている。そして手に入るお金は決まった金額。そんな人にですね、「私の誕生日にダイヤモンドを買ってきて」「今度はミンクのコートが欲しいわ」なんて言ったらね、ご主人がびっくりしてしまいますよ。そういうのはね、自分の身のほどを知らない、高望みということになります。ですから自分の身の丈に合った望みを抱くことですね。そうすれば欲求不満にならない。私たちはそれを忘れて、到底自分の手に入らないようなものを欲しがるんです。それはやめましょう。


スポンサーリンク

 

引用元:瀬戸内寂聴. あなただけじゃないんです. 自由国民社, 2017, 224P

 

幸いにも、お金持ちになりたいとか、ブランド品が欲しいとか、もともと、金銭欲、物欲が薄く育ってきました。生きていくために必要なお金、物があれば、あとは何でもいいという感じです。いつもより余分にお金があったら、お寺に寄付するかどうか、考えたりすることもあるので、強烈な欲求不満に陥らないのかもしれません。

 

ご先祖様、祖父母、父母がお寺の信仰をしてくれていたこともあって、欲を求めすぎないように無意識に教えられていたのかもしれません。社会に出てから、高望みしている人、欲求が高い人をよく見かけるようになって、欲求が小さい自分は欲求が強い人たちに囲まれて、そのギャップにずいぶん苦しめられた経験がありました。

 

お金ありきの会社で働いてきたこともありました。お金をドブに捨てるような使い方をしているのを見て、自分の金銭感覚はおかしいのか・・・?欲求がないことがおかしなことなのか・・・?私も高望みしていかないと社会では生きていけないのか・・・?など、人間界の欲望まみれる世界に染められたこともありました。

 

けど、瀬戸内寂聴さんは「そういうのはね、自分の身のほどを知らない、高望みということになります。ですから自分の身の丈に合った望みを抱くことですね。そうすれば欲求不満にならない。私たちはそれを忘れて、到底自分の手に入らないようなものを欲しがるんです。それはやめましょう。」と書かれています。

 

自分の身のほどをわきまえて高望みしないことで、欲求不満に陥らないことを強く自覚することができました。もう、自分なりに質素でもいいから、自分のありのままで生きていきたいと思います。

まとめ

自分を知ること。

 

高望みをしないこと。

 

自分の身の丈に合った望みを抱くこと。そうすれば欲求不満にならない。私たちはそれを忘れて、到底自分の手に入らないようなものを欲しがる。


スポンサーリンク

人気記事
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

カテゴリー