スピリチュアル

スピリチュアルリーダー江島直子さんの人生が再生する鳳凰メソッドから怖い方向に進むを読んでみた


Pocket

スピリチュアルリーダー江島直子さん著者の「人生が再生する鳳凰メソッド」の本を読んで、「怖い方向に進む」について書かれています。


スポンサーリンク

怖い方向に進むのって単純に怖いですよね。怖いことを避けて生きていますか。それとも立ち向かって生きていますか。「怖い方向に進む」とは、どういうことなのかスピリチュアルリーダー江島直子さんから学ばせていただきましょう。

あきらめずに、やってみたいけど、怖いことに向けて前進してみたい

怖い方向に進む

 

鳳凰の言葉
「本当にしたいことは、怖く感じること」

 

やってみたいけれど、今の自分から変わりたいけれど、実際に行動するのは怖い。憧れるけれど、なってみたいけれど、自分がそうなれるなんて思えないし、考えるだけで怖い。
そんなことに巡り合ったら、喜んでください。それが、あなたの魂が本当に求めていたものなのです。
未知のこと(今までやったことがないこと)だから怖いのは当然だし、不安もあるから、無理もありません。でも、逆の方向から見ると、それは、
「そこまで怖いのにやりたいこと」
なんです。一生のうちに、そこまで魅かれるものに何度出会えますか?

 

引用元:江島 直子. 人生が再生する鳳凰メソッド. KADOKAWA, 2020, 240P

 

やってみたいけど、現実的に無理だとあきらめてしまっていることはあります。今の魂のレベル、肉体では無理だから生まれ変わってから、そのやりたいことを実現すればいいかって感じで悲観してしまっている自分がいます。ちょうど、自分のなりたいことをあきらめたのは昨日でした・・・。偶然にも・・・?必然的に・・・?人生が再生する鳳凰メソッドの本を購入して、この個所を読みながらびっくりしています。今の肉体の記憶のまま・・・、人間界にいている間に、挑戦するべきなの・・・?って、怖い思いが一層、怖い思いになってきています。


スポンサーリンク

 

スピリチュアルリーダー江島直子さんは「やってみたいけれど、今の自分から変わりたいけれど、実際に行動するのは怖い。憧れるけれど、なってみたいけれど、自分がそうなれるなんて思えないし、考えるだけで怖い。
そんなことに巡り合ったら、喜んでください。それが、あなたの魂が本当に求めていたものなのです。」と書かれています。自分なんてこの程度、このレベル・・・。だから、これ以上は無理・・・。無理ですよね・・・。って信仰しているお寺のご本尊様とお話していたところだったのです。でも、やってみたいけど、現実的に無理だと思い込んでいたことが、実は魂が本来求めていたことだとしたら・・・。

 

この機会を簡単に逃してしまうわけにはいかないと、考え方を切り替えさせられました。今は現実的に無理なのは、わかりきっていますが、あきらめずに、やってみたいけど、怖いことに向けて前進してみたいと思います。

まとめ

本当にしたいことは、怖く感じること。

 

やってみたいけれど、今の自分から変わりたいけれど、実際に行動するのは怖い。憧れるけれど、なってみたいけれど、自分がそうなれるなんて思えないし、考えるだけで怖い。そんなことに巡り合ったら、それが、あなたの魂が本当に求めていたもの。

 

未知のこと(今までやったことがないこと)だから怖いのは当然だし、不安もあるから、無理もありません。でも、逆の方向から見ると、それは、「そこまで怖いのにやりたいこと」。


スポンサーリンク

人気記事
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

カテゴリー