スピリチュアル

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんの幸運を引きよせるスピリチュアルブックから失恋は本当の愛に出会うための大切なレッスンですを読んでみた


Pocket

スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さん著者の「幸運を引きよせるスピリチュアルブック」の本を読んで、「失恋は本当の愛に出会うための大切なレッスンです」について書かれています。


スポンサーリンク

失恋されたことはありますか。失恋されても出会いに積極的ですか。それとも消極的ですか。「失恋は本当の愛に出会うための大切なレッスンです」とはどういうことなのか。スピリチュアルカウンセラー江原啓之から学ばせていただきましょう。

失恋が大事だということを教えられて、少しだけ異性に対して前を向いて生きていこうと思えるように

失恋は本当の愛に出会うための大切なレッスンです

 

別れが訪れたときに大切なのは、「私が彼を愛した」という、その事実を抱きしめることです。人を愛すること、それはすばらしいことです。その結果、たとえ振り向いてもらえなかったとしても、別れることになったとしても、自分が愛したことを後悔したり、悲しんだりする必要はまったくありません。
大切なのは「愛するプロセス」であって、「愛した結果」ではないのです。
失恋も片思いも、どんどんすればいいのです。失恋があるから、得恋の幸せがある。一度失恋したら、二度と恋ができないということではありません。
一度も失恋を経験せずに結婚したとしましょう。でも、その結婚は失敗する可能性が大きいでしょう。異性とのかかわり、それによってもたらされる幸福と、受ける傷の痛み。それを知らずに、幸せになることはできないからです。
失恋は、人間にとって絶対に必要なこと。失恋で傷つく痛みより、得るもののほうが絶対に多いのです。

 

引用元:江原 啓之. 幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック―“不思議な力”を味方にする8つのステップ. 三笠書房, 2001, 265P


スポンサーリンク

 

失恋はたくさんしてきました。10代以前に片思いもたくさんしてきました。保育園でも片思いしてきました。片思いだらけです。片思いの異性に告白して振られたことの方が多いです。恋人に発展しないケースの方が多かったです。恋人になれても、他の異性と浮気されたり・・・。こちらも浮気してしまったり・・・。恋人の人間関係ってとっても難しい・・・。とっても複雑だと感じました。

 

浮気をしたりされたりしたら、とっても傷つきました。もう、自分のことを大嫌いになってしまうほどでした。浮気をされたり、したりしてしまってから、恋人作りに消極的になってしまって、異性とのお付き合いをしなくなっていきました。お見合いのお話を何度かいただいたこともありましたが、すべて断ってきました。理由は、私みたいに人を裏切ったことのある人間が幸せになれるわけがないと思い込んでしまっているからです。

 

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんは「失恋は、人間にとって絶対に必要なこと。失恋で傷つく痛みより、得るもののほうが絶対に多いのです。」と書かれています。こんな、失恋だらけの人間でも、傷つきまくってきた人間の方がいいと教えられて、少しだけですが、傷が癒えてきた気がしました。自分では一生独身、一生恋人を作らないと思い込んでしまっていたからです。そんな感じで自分の殻に閉じこもっていたので、失恋が大事だということを教えられて、少しだけ異性に対して前を向いて生きていこうと思えるようになりました。

まとめ

大切なのは「愛するプロセス」であって、「愛した結果」ではない。

 

失恋も片思いも、どんどんすればいい。

 

失恋は、人間にとって絶対に必要なこと。失恋で傷つく痛みより、得るもののほうが絶対に多い。


スポンサーリンク

人気記事
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

カテゴリー