スピリチュアル

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんの幸運を引きよせるスピリチュアルブックから外見的な魅力をアップさせたいときを読んでみた


Pocket

スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さん著者の「幸運を引きよせるスピリチュアルブック」の本を読んで、「外見的な魅力をアップさせたいとき」について書かれています。

スポンサーリンク

日々、外見を磨く努力をされていますか。外見を魅力的にアップさせるのに四苦八苦してしまわないですか。「外見的な魅力をアップさせたいとき」とはどういうことなのか。スピリチュアルカウンセラー江原啓之から学ばせていただきましょう。

外見より内面を磨くことで、自然と外見が磨かれてくる

外見的な魅力をアップさせたいとき

 

自分の容姿は宿命ですから、これは受け入れないといけません。別の人に変わろうとしても無理です。
容姿がそっくりな双子の場合を考えてみましょう。どんなに顔の造作が同じでも、雰囲気は違う、ということがよくあります。人間の容姿には、内面が反映されるからです。内面から現れ出てくるものが違うと、造作が同じでも、冷たい感じになったり、穏やかな感じになったりするのです。ですから、容姿にこだわるよりも、内面のスプリチュアリティを高めることのほうが大切です。明るく、ほがらかな心を持っていれば、それは必ず容姿に現れます。
容姿は磨けば光るものです。どんな容姿であっても必ず光ります。ですから、自分の容姿が嫌いだという人は磨く努力をすればいいのです。
今はエステもあるし、ヘアメイクや美容法もさまざまなものがあります。そういうものにトライしてみることです。きれいになりたいのならばいい。どんどん、いろいろな美容法に挑戦してみましょう。

 

引用元:江原 啓之. 幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック―“不思議な力”を味方にする8つのステップ. 三笠書房, 2001, 265P

スポンサーリンク

 

恋人にモテたいとか、異性と付き合いたいと思ったときは、ずいぶん、気合を入れて外見を磨くためにいろいろな美容法を試した時期がありました。しかし、スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんは「容姿にこだわるよりも、内面のスプリチュアリティを高めることのほうが大切です。明るく、ほがらかな心を持っていれば、それは必ず容姿に現れます。」と書かれています。江原啓之さんの本を読む前から容姿にこだわることをやめて、内面を磨く努力をすることの方が増えてきました。外見は最低限、清潔感を保っていれば問題ないと感じたので、あとは、いかに内面を磨くかと言うことを課題に置いて行動してきました。

 

いろんな本を読んで教養を身につけたり、クラシック音楽を聴いて気持ちをリフレッシュしたり、できるだけ溜まったストレスを発散するようにして、内面は穏やかでいるようにしています。内面が穏やかだと自然と外見も穏やかになってきます。内面も外見も表裏一体だと感じます。どんなに、外見を磨いても内面が磨かれていないと、長い目で見て意味がないと感じるからです。外見を磨くことは簡単です。

 

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんは「今はエステもあるし、ヘアメイクや美容法もさまざまなものがあります。そういうものにトライしてみることです。きれいになりたいのならばいい。どんどん、いろいろな美容法に挑戦してみましょう。」と書かれています。お金を出せばいくらでも美容法に挑戦できます。内面を磨くのも多少お金がいる時もありますが、外見を磨くより安いと感じています。内面を磨いてくるとお金の執着もだんだんなくなってきますし、変な欲が小さくなってくるので、外見より内面を磨くことで、自然と外見が磨かれてくると感じます。

まとめ

人間の容姿には、内面が反映される。

 

内面から現れ出てくるものが違うと、造作が同じでも、冷たい感じになったり、穏やかな感じになったりする。

 

容姿にこだわるよりも、内面のスプリチュアリティを高めることのほうが大切。

スポンサーリンク

アクセスランキング(過去7日間)
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

自己紹介の詳細

最新記事
人気記事
カテゴリー
電話占い人気記事