スピリチュアル

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんの幸運を引きよせるスピリチュアルブックから人の評価、噂はあなたへの大切なメッセージですを読んでみた


Pocket

スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さん著者の「幸運を引きよせるスピリチュアルブック」の本を読んで、「人の評価、噂はあなたへの大切なメッセージです」について書かれています。


スポンサーリンク

人の評価を気にしながら生きていませんか。人の噂をを気にしながら生きていませんか。「人の評価、噂はあなたへの大切なメッセージです」とはどういうことなのか。スピリチュアルカウンセラー江原啓之から学ばせていただきましょう。

いちいち、一喜一憂したり、一時的な、いじめ、パワハラ、セクハラに臆することなく、堂々と立ち向かって仕事をしていきたい

人の評価、噂はあなたへの大切なメッセージです

 

人生には、いいときもあれば悪いときもあります。両方を経験すると、人の評価が気にならなくなります。人は実に無責任にあれこれ言うものだ、ということがわかるからです。大切なのは、自分で自分をどう評価するか、ということです。
いつでも自分の正義を忘れないこと。人の言葉に振り回されているうちは、まだ修行が足りないということです。ですから、不運なときというのも人間には必要なのです。いつも平穏な人生だと魂は磨かれません。不運なとき、不幸なときを経験することで鍛えられるのです。人の評価はしょせん人の評価。自分の下す評価とは関係ない、ということがわかってきます。ある意味で、さめた目を持てるようになります。
ですから、人の言葉に一喜一憂してしまうときは、「ああ、まだ自分は苦労が足りないのだな」と考えてください。

 

引用元:江原 啓之. 幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック―“不思議な力”を味方にする8つのステップ. 三笠書房, 2001, 265P


スポンサーリンク

 

仕事で働いているとき、いじめられたことがありました。パワハラ、セクハラとなぜか、私が標的にされてしまって、あることないこと、事実無根なことが、評価、噂としてパーッと広がっていったことがありました。仕事はいつも通り一生懸命しているのに、まったく認められない・・・。賞与の査定で最低ランクをつけられて支給されてしまったときは、評価や噂の怖さを感じてしまいました。もう、この会社にいてられない・・・。なんで、私ばかり、こんな嫌な目に合わないといけないといけないの・・・。って、随分、苦しめられたことがありました。

 

スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんは、「人の言葉に振り回されているうちは、まだ修行が足りないということです。ですから、不運なときというのも人間には必要なのです。いつも平穏な人生だと魂は磨かれません。不運なとき、不幸なときを経験することで鍛えられるのです。人の評価はしょせん人の評価。自分の下す評価とは関係ない、ということがわかってきます。」と書かれています。賞与の評価に一喜一憂したり、噂話を気にしてしまったり、パワハラ、セクハラを受けることで、臆してしまったこと自体、まだまだ、修行が足りなかったのだと見返ることができました。いちいち、一喜一憂したり、一時的な、いじめ、パワハラ、セクハラに臆することなく、堂々と立ち向かって仕事をしていきたいと思います。

まとめ

人生には、いいときもあれば悪いときもある。両方を経験すると、人の評価が気にならなくなる。

 

人は実に無責任にあれこれ言うものだ、ということがわかる。

 

大切なのは、自分で自分をどう評価するか、ということ。


スポンサーリンク

人気記事
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

カテゴリー