スピリチュアル

霊能力者 美輪明宏さんの愛の話 幸福の話から運命の人を読んでみた


Pocket

霊能力者 美輪明宏さん著者の「愛の話 幸福の話」の本を読んで、「運命の人」について書かれています。


スポンサーリンク

運命の人と出会えましたか。すでに運命の人と共に生きていますか。「運命の人」とはどういうことなのか。霊能力者 美輪明宏さんから学ばせていただきましょう。

あきらめずに、立ち向かうことも魂を磨く一つの秘訣なのかな

運命の人

 

若い人は自分の価値を測る基準は、若さや美しさだと思っています。でも、そんなもの、ただの天然現象。自分が努力した結果、手に入れたものでも、実力でも才能でもありません。30歳を過ぎて、若さも美しさもなくなった時、ガラクタにならないように自分を磨くこと。それが永遠の愛を手に入れ、運命の人と呼べる人に出会う方法です。

 

引用元:美輪 明宏. 愛の話 幸福の話. 集英社, 2002, 320P

 

30歳を過ぎてから、だんだん体力が低下してきたのを感じます。徐々に老けてきたなぁ・・・。って感じます。その代わり、知らなかったことをたくさん知ることができました。


スポンサーリンク

 

霊能力者 美輪明宏さんは「30歳を過ぎて、若さも美しさもなくなった時、ガラクタにならないように自分を磨くこと。それが永遠の愛を手に入れ、運命の人と呼べる人に出会う方法です。」と書かれています。運命の人と出会った感触はありません。お見合いの話は何度かいただいたことはありますが、断ってきました。なんとなくですが、運命の人と出会える感じがしなかったからです。

 

自分を磨くことは、魂を磨くことと教えられたことがあります。外見を磨く方法はいくらでもあります。内面を磨くことと、魂を磨くこともまた、違う気がします。魂を磨くとは、人を助ける行動から生まれてくるものだと感じます。会社で働いていると、理不尽だと感じる場面に多く遭遇してしまいますが、それでも、あきらめずに、立ち向かうことも魂を磨く一つの秘訣なのかなと感じたりします。

まとめ

若い人は自分の価値を測る基準は、若さや美しさだと思っている。

 

30歳を過ぎて、若さも美しさもなくなった時、ガラクタにならないように自分を磨くこと。

 

それが永遠の愛を手に入れ、運命の人と呼べる人に出会う方法。


スポンサーリンク

人気記事
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

カテゴリー