スピリチュアル

霊能力者 美輪明宏さんの愛の話 幸福の話から人生の岐路に必要なものを読んでみた


Pocket

霊能力者 美輪明宏さん著者の「愛の話 幸福の話」の本を読んで、「人生の岐路に必要なもの」について書かれています。


スポンサーリンク

人生の岐路に立たされた時、どのようになりますか。物事にもよると思いますが、悩みますか。それとも冷静でいられますか。「人生の岐路に必要なもの」とはどういうことなのか。霊能力者 美輪明宏さんから学ばせていただきましょう。

人生の岐路には、理性と知性を持って人生の方向を決めたら、あとは委ねること

人生の岐路に必要なもの

 

人生の岐路にさしかかった時、人間にとっていちばん大事なのは理知。冷たい理性と知性です。いちばん邪魔になるものが感情、情念、センチメンタル。それらを徹底的に切り捨て、何が今の自分に必要か、クールにクールに考え抜くのです。お酒なんか飲んでもムダ、おしっこになって出ていくだけ。答えなんて見つかりません。悩むことと考えることとは違います。

 

引用元:美輪 明宏. 愛の話 幸福の話. 集英社, 2002, 320P


スポンサーリンク

 

人生の岐路にさしかかった時、祖父母、父母が信仰していたお寺の易占、鑑定に頼ってきました。見えない暗闇の未来に明かりを照らしてくれて、先はこうなっているということを教えていただけるからです。いただいた内容を元に人生の岐路の方向を決めてきました。そして、今の私がいる感じです。

 

霊能力者 美輪明宏さんは「人生の岐路にさしかかった時、人間にとっていちばん大事なのは理知。冷たい理性と知性です。いちばん邪魔になるものが感情、情念、センチメンタル。それらを徹底的に切り捨て、何が今の自分に必要か、クールにクールに考え抜くのです。」と書かれています。人生の岐路にさしかかった時に、冷静でいられなくなってしまうことが多いです。理性、知性、感情、情念、センチメンタルなどいろいろな悩みにかき回されてしまいます。人生の岐路には、理性と知性を持って人生の方向を決めたら、あとは委ねることにしていこうと思います。

まとめ

人生の岐路にさしかかった時、人間にとっていちばん大事なのは理知。冷たい理性と知性。

 

いちばん邪魔になるものが感情、情念、センチメンタル。

 

それらを徹底的に切り捨て、何が今の自分に必要か、クールにクールに考え抜く。


スポンサーリンク

人気記事
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

カテゴリー