スピリチュアル

霊能力者 美輪明宏さんのああ正負の法則から人とのつき合い方 近づきすぎは危険を読んでみた


Pocket

霊能力者 美輪明宏さん著者の「ああ正負の法則」の本を読んで、「人とのつき合い方 近づきすぎは危険」について書かれています。

スポンサーリンク

人とのつき合いはうまくいっていますか。それとも人とのつき合い方にお悩みされていますか。「人とのつき合い方 近づきすぎは危険」とはどういうことなのか。霊能力者 美輪明宏さんから学ばせていただきましょう。

家族の中で基本的な挨拶さえできれば、不仲ではなく、円満な家庭を築けたのではないだろうか

人とのつき合い方 近づきすぎは危険

 

人間関係で一番大事なのは<腹八分>ではなくて<腹六分>。<腹八分>だと多すぎるのです。
夫婦、恋人、親子、兄弟、友だち、仕事関係、すべて<腹六分>でお付き合いしなさい。"親しき中にも礼儀あり"これが鉄則です。
これを守るのに一番良い方法は、お互いに、朝夕の挨拶や、「ありがとう」をはじめ普段の会話を敬語や丁寧語で話す習慣をつけることです。愛情さえあればそれが一番です。
「水くらいわね。親友同士じゃないの」とか「親子じゃないの」とか、そうやっていたら結局、馴れ合いと近親憎悪が生まれてきたりする。それは"かわいさ余って憎さが百倍"という言葉があるように、かわいさも、余るほどかわいく思わないで二分、三分のところで踏みとどまっていると、憎しみにもなりません。
どんな人でも、完全な人格者はこの世にはおりません。お互い長所もあれば短所もあります。浅く付き合っていれば長所の部分だけで付き合っていられるのです。嫌な部分はお互い<見ない><見せない>で平和に過ごすのです。日光の東照宮の、"見ざる、言わざる、聞かざる"の格言は、まさに先人たちの考えた人生訓の真骨頂なのです。

 

引用元:美輪 明宏. ああ正負の法則. PARCO出版, 2002, 187P

 

父母は仲がよいとは言えません。どちらかといえば、性格は、お互いに真逆で食べ物の好みも全然違います。価値観が違いすぎます。父親は汚れるような仕事でも平気です。母親は汚れてくるような仕事は苦手で理解もしてくれません。父親が工場で働いていたころ、作業着を洗濯するのが、とてつもなく苦痛だったと聞いたことがあります。父母が不仲な中で育ってきたので、私は幼少からよく病気をしました。熱を出して風邪をひくことが多かったです。大病にはならなかったですが、風邪をひいて、熱を出してばかりだったので、保育園にはほとんど通うことができませんでした。今から考えたら、父母の不仲を感受してしまって、心身に負担がきてしまっていたのではないかと感じました。

スポンサーリンク

 

霊能力者 美輪明宏さんは「人間関係で一番大事なのは<腹八分>ではなくて<腹六分>。<腹八分>だと多すぎるのです。夫婦、恋人、親子、兄弟、友だち、仕事関係、すべて<腹六分>でお付き合いしなさい。"親しき中にも礼儀あり"これが鉄則です。これを守るのに一番良い方法は、お互いに、朝夕の挨拶や、「ありがとう」をはじめ普段の会話を敬語や丁寧語で話す習慣をつけることです。愛情さえあればそれが一番です。」と書かれています。父母から「おはよう」「ありがとう」「ごめんなさい」などの挨拶、お礼、謝罪の会話を聞いたことがありません。また、自分自身も父母に「おはよう」「ありがとう」「ごめんなさい」などの挨拶、お礼、謝罪の会話をしたことがありません。

 

社会人になってから、随分苦労しました。あいさつすら、できないのか! お礼すら言えないのか! 謝罪すらできないのか! のように、新人の頃は、挨拶、お礼、謝罪の会話ができないことで、怒られまくったことを覚えています。社会人になってから、挨拶、お礼、謝罪の会話を叩き込まれるという・・・。家族から学ぶことができませんでした。父は黙々と働き、母は黙々と家事をする・・・・会話が少ない家族で育ってきました。そのツケは社会人になってから、大きく出てきて、随分、苦労させられました。社会人で叩き込まれて挨拶、お礼、謝罪の会話ができるようになりましたけど、父母にはできずじまい・・・。そのまま、一人暮らしへと突入してしまい、父母に挨拶、お礼、謝罪の会話ができない環境になってしまいました。家族の中で基本的な挨拶さえできれば、不仲ではなく、円満な家庭を築けたのではないだろうかと・・・。父母の一部を反面教師として生きていきたいと思います。

まとめ

▼関連記事▼
霊能力者 美輪明宏さんの地獄を極楽にする方法から占いや超能力者はほとんどがニセモノを読んでみた
 
人間関係で一番大事なのは<腹八分>ではなくて<腹六分>。<腹八分>だと多すぎるのです。夫婦、恋人、親子、兄弟、友だち、仕事関係、すべて<腹六分>でお付き合いしなさい。

 

親しき中にも礼儀あり"これが鉄則。

 

これを守るのに一番良い方法は、お互いに、朝夕の挨拶や、「ありがとう」をはじめ普段の会話を敬語や丁寧語で話す習慣をつけることです。愛情さえあればそれが一番。

スポンサーリンク

電話占いの運営会社の社歴、規模ランキング

数ある電話占い一覧の中から、厳選して電話占いを運営している会社の規模、社歴、社会貢献活動などを重点を置いてランキング形式にしています。ランキングは随時変動させていただいております。あくまで、私の独断と偏見、会社データを元にしてランキング形式にしていますことをあらかじめご了承下さい。

 

電話とライブ鑑定のカミールVoIP
電話とライブ鑑定のカミールVoIP

社会貢献活動もされており、非常に社会的信用につながる経営体制

不倫や恋人との相性、恋愛のお悩み、家族や仕事、人間関係、人に言いづらいお悩み、恋愛から結婚の相談、仕事の悩みまで占い師が解決のアドバイス。CamilleVoIPは、対面鑑定さながらライブ鑑定による鑑定を受けることができる。通話のみの鑑定も可能。

運営会社 設立 上場 資本金
株式会社エムティーアイ 1996年 東証第一部上場 5,135百万円

ライブ鑑定では占い師の鑑定の様子を映像で確認でき、電話の途中でも即座に映像を映し出すことが可能。タロットカードの結果はもちろんのこと、どのような方法で鑑定しているか見えて安心。占い師だけ顔を出し、こちらの顔は占い師には見られないようできる。

電話占い・メール占いULana(ウラナ)
電話占い・メール占いULana(ウラナ)

東証第一部上場している企業。会社設立1996年なので20年以上の企業経営されている。

安心・安全で初心者にも優しい電話占いサイト「ウラナ」センター経由での電話で、利用者の電話番号が鑑定師に知られることは無し。個人的な勧誘も無し。電話占い会社では数少ない東証一部上場企業の運営で安心、安全。占い師の採用に力を入れているため、実力のある当たる占い師が100名以上在籍。
電話占い利用者は不倫など人に言えない悩みを持った女性が多い傾向。

運営会社 設立 上場 資本金
株式会社エムティーアイ 1996年 東証第一部上場 5,135百万円

CMでおなじみの「ルナルナ」「music.jp」を運営する東証一部上場企業のため安心。電話やメール、チャットでいつでも気軽に占い師と直接相談ができる。いつでも気になった時に相談が可能な上、周りの目も気にならないので、友達や同僚に相談しにくい悩みも気軽にご相談ができる。

電話占いステラコール
電話占いステラコール

東証マザーズ上場で、占いコンテンツ事業を始め、XR事業、越境医療/越境EC事業、ONE TO ONEマーケティング事業、メディア/AI事業、ゲームコンテンツ事業を様々な事業を展開している会社

ステラ薫子厳選の本物の占い師のみが在籍。占いコンテンツの老舗、上場企業が運営。プライバシーマーク取得企業なので適切に個人情報を取り扱っている。

運営会社 設立 上場 資本金
株式会社メディア工房 1997年 東証マザーズ上場 451百万円

特にタロット・霊感・霊視・スピリチュアル を得意とする占い師が中心。不倫、略奪愛、復活愛など、誰にも相談できない悩みに強い占い師をスカウトしている。電話が苦手な方などには、メール鑑定も用意されている。30代~50代の女性が中心 ※お客様の8割程度が女性。

電話占いリエル
電話占いリエル

占いコンテンツ事業だけではなく、XR事業、越境医療/越境EC事業、ONE TO ONEマーケティング事業、メディア/AI事業、ゲームコンテンツ事業と幅広く展開している会社

特に霊感・霊視・スピリチュアル を得意とする占い師が中心。不倫、略奪愛、復活愛など、誰にも相談できない悩みに強い占い師をスカウト。電話が苦手な方には、メール鑑定も用意されている。

運営会社 設立 上場 資本金
株式会社メディア工房 1997年 東証マザーズ上場 451百万円

占いコンテンツの老舗、上場企業が運営。プライバシーマーク取得企業なので適切に個人情報を取り扱っている。特に霊感・霊視・スピリチュアル を得意とする占い師が中心。不倫など誰にも相談できないような悩みを抱えている方などの相談者が多い。

電話占い・霊感占いラフィネ
電話占い・霊感占いラフィネ

東証マザーズ上場の占い事業専門の子会社

特にタロット・霊感・霊視・スピリチュアルを得意とする占い師が中心。不倫、略奪愛、復活愛など、誰にも相談できない悩みに強い占い師をスカウトされている。

運営会社 設立 上場 資本金
株式会社ギフトカムジャパン 2013年 未上場 58百万円

20代~50代の女性が多く相談されている傾向あり。親会社は「占いコンテンツ事業」子会社は「占いサイトの運営」と占いサイトの運営に力を入れている会社。

 人気記事
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

カテゴリー
アーカイブ