並木良和

スピリチュアルカウンセラー並木良和さんの新型コロナウイルスへの霊性と統合からあなたは覚醒めている人のいる世界に住みたいですか?それとも違う世界に住みたいですか?を読んでみた


Pocket

スピリチュアルカウンセラー並木良和さん著者の「新型コロナウイルスへの霊性と統合」の本を読んで、「覚醒めている人のいる世界に住みたいですか?それとも違う世界に住みたいですか?」について書かれています。


スポンサーリンク

覚醒めている人の世界に住みたいですか?それとも覚醒めている人の世界とは無縁の世界に住みたいですか?「覚醒めている人のいる世界に住みたいですか?それとも違う世界に住みたいですか?」とはどういうことなのか。スピリチュアルカウンセラー並木良和さんから学ばせていただきましょう。

新型コロナウイルスの罹患者、医療対応されている方の無事を祈ること、感染症の犠牲になられた方々を祈ること、沈静化を祈ることを続けながら、自分自身も衛生面で、気を付けていきたい

覚醒めている人のいる世界に住みたいですか?それとも違う世界に住みたいですか?

 

「あなたの住みたい世界はどんな世界ですか?」。例えば、誰かや何かに支配されるような世界に住みたいのか、それとも1人1人が自分の力を取り戻して、自由な世界に住みたいのか、どっちですか? この選択を各自がしていくことが大切なのです。今、地球は大きな分岐点を迎えていますので、それぞれが決めた世界に分かれていこうとしています。皆それぞれに、思うところがあり、真実があり、何の間違いもありません。
ただ、宇宙は決めたことを強力にバックアップするエネルギーを送っていますので、僕たち一人ひとりの真実に見合った世界に、ますます分かれていくことになるのです。つまり、目を醒ますのか、眠り続けるのかで、いずれ交わることのできない所まで離れていくことになります。

 

引用元:並木良和. 新型コロナウイルスへの霊性と統合. 青林堂, 2020, 120P

 

まだ、覚醒めていないです。普通の生活を送っています。仕事は普通に営業事務をしています。

 

ただ、両親が宗教的背景が濃厚な家系に生まれ育ちましたので、霊能とか霊的な事象などを身近に父親や母親、祖父母から聞かせてもらえる環境なので、覚醒めを目指している自分なのかもしれません。覚醒めを目指している家系を選んで生まれてきたのかもしれません。


スポンサーリンク

 

私の住みたい世界・・・、考えたことありませんでした。私は特に普通に生活できればそれでいいという感じで、宗教的背景が濃厚な家系だからと、それを受け継いで、どういうしたいということもありません。そういった意味で、私は、まだ覚醒めていないと感じているのです。

 

新型コロナウイルスが世界中に、日本中に蔓延するようになってから、より祖父母、父母が大切にしてきた宗教を大切にする気持ちが出てきました。また、罹患者のためによくなるように祈ること、医療対応されている方々を祈ること、沈静化を祈ること、感染症の犠牲になられた方々を祈ること、など、祈ること、今の自分にできること、新型コロナウイルスの対策とまではいかないですが、帰宅してからの手洗い、うがい、消毒、マスクなど、最低限のことを心がけながら、祈ることの大切さを感じながら過ごしています。

 

そう言った意味では、覚醒めを無意識ながら目指している・・・。もしくは、そういった運命、宿命の元に生まれてきたのかもしれません。

 

スピリチュアルカウンセラー並木良和さんは「ただ、宇宙は決めたことを強力にバックアップするエネルギーを送っていますので、僕たち一人ひとりの真実に見合った世界に、ますます分かれていくことになるのです。つまり、目を醒ますのか、眠り続けるのかで、いずれ交わることのできない所まで離れていくことになります。」と書かれています。目を醒ますのか、眠り続けるのか、自分で選んで、自分で行動することが大切なのだと読ませていただいて感じさせていただきました。

 

これからも、新型コロナウイルスの罹患者、医療対応されている方の無事を祈ること、感染症の犠牲になられた方々を祈ること、沈静化を祈ることを続けながら、自分自身も衛生面で、気を付けていきたいと思います。

まとめ

例えば、誰かや何かに支配されるような世界に住みたいのか、それとも1人1人が自分の力を取り戻して、自由な世界に住みたいのか。この選択を各自がしていくことが大切。

 

今、地球は大きな分岐点を迎えているので、それぞれが決めた世界に分かれていこうとしている。

 

ただ、宇宙は決めたことを強力にバックアップするエネルギーを送っているので、僕たち一人ひとりの真実に見合った世界に、ますます分かれていくことになる。


スポンサーリンク

アクセスランキング(過去7日間)
運営者

電話占いナビゲーター 仙空 依利香

私の父親の実家は天理教の布教所でした。母親の実家は真言宗系の数々のお寺とのご縁がありました。幼いころから、宗教的背景が濃厚な家系で生まれ育ちました。ですから、見えない力、見えない霊の存在など、幼いころから自然と身につくこととなりました。

自己紹介の詳細

最新記事
人気記事
カテゴリー